保育内容

保育内容

子どもたち一人ひとりが人間として、しっかりした発達をしていくために・・・
見守りながら、育みながら、日課のある保育をしています。

保育を通して育てたい力

  • 人の話を聞く力
  • 集中して取り組む力
  • 生活のルールを通じて、社会のルールを通じて理解し守る力
  • 良い人間関係を作る力
  • 豊かな感性・五感を感じる力
  • 自由に表現する力

❶人の話を聞く力
(学習能力とコミュニケーション能力)

❷集中して取組む力

❸生活のルールを通して、
社会のルールを理解し守る力

❹よい人間関係を作る力
(思いやり・優しさ・譲り合い・協力・がまん等)

❺豊かな感性・五感を感じる力
(優れた絵本や絵の具、自然などとの関わりを通して)

❻自由に表現する力
(造形・音楽・運動・遊びを通して)

image image image image

乳児期 0歳児クラス~2歳児クラス

人間に対する絶対的な信頼感を育てるために、保育指針にも書かれている「担当制」を取り入れ、決まったグループの子どもたちを決まった保育士が責任を持って担当しています(主に食事・排泄)。食事は、その子の24時間の生活時間や発達を考慮し、大人が子ども1人を抱っこして食事することから始まり、少人数グループで時間差をつけて食事をすることで、一人ひとりに丁寧にかかわるようにしています。

乳児の遊び

室内には子どもが手先を使ったり、色や形、大きさなどを理解するのを助けるようなおもちゃや保育士の手作り用具を用意し、遊びを通して子どもの発達を助けていく工夫をしています。外あそびは、少人数で季節を感じながらお散歩にでかけたり、乳児園庭には、小さな築山があり、登ったりすべったりしながら、体のバランス感覚やふんばる力などが育つようにしています。

幼児期 3歳児クラス~5歳児クラス

異年齢のグループを基本として(3歳・4歳・5歳でひとつのファミリー)
遊びを通して学習能力の基本となる力や、人間としての豊かな心を育てることを保育の中心にしています。助け合ったり競争したり、また模倣したりしながら、子ども同士で育ち合っていく環境をつくっています。

幼児の遊び

幼児教育に対する長い歴史の中で工夫され、培われた優れた遊具を多数用意しています。室内では、積み木やごっこ遊び、パズルやゲーム、描画や制作等の遊びを自由に選択し、楽しく遊びながら、子どもが自分を伸ばしていく力を十分発揮できるようなものを準備しています。また、絵画や造形活動など、たくさんの素材と出会い、自分の思いや感じた事を表現できる時間を作っています。戸外遊びでは、デコボコの園庭で体の使い方を取得し、四季を感じられるように工夫しています。虫と出逢ったり、四季の花や実を味わい、体と心を動かし、五感を開く保育をしています。

ページTOPへ

保育のポイント
保育理念
保育の基本方針
保育内容
お問い合わせ
〒569-1032
高槻市宮之川原4丁目3番1号
TEL (072)687-7237
FAX (072)668-1230
mail

Copyright © 社会福祉法人 照治福祉会 浦堂認定こども園.
All Rights Reserved.